リモートワークが普及し、スマートフォンやパソコンを見る機会が増えている一方、

ドライアイの症状を持つ患者さんも多く見受けられます。

画面を長時間見続けていると、無意識にまばたきの回数が減少します。

それによって目の表面の涙の膜が不安定になり、

かすんで見えたり、涙を補おうとたくさん涙がでるようになります。

さらにコンタクトを装用していると、涙を吸い上げ、レンズの表面から蒸発していくため、

乾燥をより強く感じるようになります。

その影響で角膜にキズが付き、ゴロゴロ感や痛みを伴うようになります。

これからの時期は暖房を使用するようになるので、風邪が直接当たる場所で長時間作業していると、

同様の症状を引き起こします。

ドライアイは治療が必要です。これらの症状は放置せず、早めの対策が必要です。

当院では様々なコンタクトレンズを扱っているため、現在お使いのものより乾燥に強いレンズをお試しいただけます。

さらに、コンタクトの装用感が良く、乾燥や汚れに強い装着液のお試しや、

5分でわかるドライアイ検査、ドライアイの治療点眼の処方もすることができます。

コンタクト装用者も、使ってない方も気になる症状があればお気軽にご相談下さい。

ご予約はこちら⇒https://plus-medic.shopcloud.jp/tokus/