学校検診 〜お子様の視力を知っていますか?〜

新年度になると、学校では法律に基づいて身体測定が実施され、眼科検診では視力・目の疾病や異常の有無を調べます。

子供の視力は生まれてから成長と共に変化し、3歳になると1.0程度、小学校に上がる頃には安定した視力が得られると言われています。

学校の視力検査の結果は

A (1.0以上)  B (0.9〜0.7)  C (0.6〜0.3)  D (0.3未満)

C・Dになると席の位置によっては黒板が見えにくいはずです。

見えづらい”を放っておくと学力やスポーツの結果に影響がでるかもしれません。子供は知らない間に我慢をしていることもあります。

検診の用紙を持って帰ってきたらまず後ろの席から黒板が見えているか聞いてみてあげて下さい。

小学校高学年〜高校生にかけては視力が変化・進行しやすい時期ですので学校検診でひっかかるようなら、放置せずぜひ!眼科を受診をして現在の目の状態をまず知ることが大切です。

受診すれば今どれほどの視力か、メガネが必要なのかなどがわかります。

ご来院の際は、学校から渡された用紙に結果を記入いたしますのでご持参下さい。

花粉症◆

ようやくスギ花粉は落ち着いてきましたがヒノキ花粉はまだまだ飛散中ですので眼の痒み・充血等がある方は早めの受診を。

当院は、土・日・祝日も診療しております。
GW
期間(4/275/6)の診療について
4
月30日(月)、51()休診日以外は日曜・祝日も通常通り診療しております。

当院では、待ち時間短縮のため「予約優先制」を採用しています。ご予約は「電話・インターネット予約」のどちらからでも可能です。ご予約なしでも診療できますが、待ち時間が長くなることがあります。

未就学児の患者様の受診については、事前にお電話にてご相談ください。また、症状によっては診療をお受けできない場合がございます。事前にお電話にてご確認ください。